歯科医院運営

常識とは?

Indexインデックス

    Indexインデックス

      会話の中で頻繁に飛び出す

      「常識的には」

      「普通は」

      「当たり前」

      といった言葉。



      それらの言葉はとっても曖昧であり抽象的なもの。
      私自身も出来るだけ使わないように意識しています。

      ましてや「正しさ」が人それぞれ違う現代においては、尚更です。



      先日、テレビを何気なく眺めていたとき、
      マツコ・デラックスさんが、アーティストの鬼束ちひろさんとの会話の中で、
      この「常識」について、切れ味鋭い解釈を話されていました。



      「常識って、小さな嘘をつくことだよね。」



      私たちの生きている世界では、一般的に「嘘をつく人は信用できない」と言われることが多い。
      一方で、思ったことを正直に言葉にすると「非常識な人」と言われてしまうこともある。

      もちろんそれは場面や相手によるものでもあるのでしょうが、
      「常識」というものが実は矛盾を抱えているもの、ということも自覚しておかなければならない。



      独りよがりな勝手な思いではありますが、クライアント院長とは良い意味で
      常識外れな関係でありたいと思いますし、そうでなければ仕事での成果も出せないのではとも思っています。

      クライアント院長との会話の中でも、
      「こんなこと言っちゃうと引かれるかもしれないけど・・・」
      みたいな話が出てきたときは、ちょっと心の中でガッツポーズしております。

      はい、非常識です。


      この記事を読んだ人は
      こんな記事も見ています

      はたをらくにする人 自分がらくをする人

      “今よりも良くなること”を生み出すことは仕事にお...

      借り物の信用

      皆さんの医院に日々お越しになられる患者さん。 今...

      日本人の平均勉強時間

      突然ですが “勉強”(情報収集も含め) は好きです...

      人が集まる医院の院長が描く世界観

      「信用貯金とはこういうことだなぁ・・・」 と実感...