えこひいき

2020.05.16

私は子どもの頃から勉強もせず、ほんと世間知らずのまま育っていった人間で、好きか嫌いか、やりたいかやりたくないか、という直感で生きてきました。

今も(?)その余韻は残っておりますが、それでも何とかここまで仕事をさせていただき、生きることが出来ているのは、数々の恩師の存在があったからです。




その中で今でも思い出す一人は、高校生の頃に出会ったバイト先のオーナーです。

当時、コンビニエンスストアでバイトをしていた私は、一言で言えば「問題バイト」の代表のような勤務態度で、遅刻は当然、私語はガンガン、お客様が店に入ってきても、




「いらっしゃいませ!」

ではなく、

「しゃあませ〜」(いらっしゃいませの簡易版)




「ありがとうございました!」

は、

「あいした〜」(ありがとうございますの時短版)




という最悪な態度で、今思い出しても恥ずかしいばかりです。




バイトなんだからどうせ長くは働かないし、目的はあくまでもバイト代であった事から、どこか仕事というものを安易に捉えていたんですね。




そのコンビニは元々は酒屋さんだったこともあり、オーナー自らよくお酒の配達に行かれていました。

アルバイトの中から、その手伝いとして毎回1名をオーナーが指名して連れていくのですが、選ばれる人は毎回何名かで決まっていて、私は1回も選ばれたことがありませんでした。




配達に行きたいとは正直思っていませんでしたが、選ばれないことはプライドというか自尊心というか、とにかく気に入らなかったのです。




日頃の自分の勤務態度は思いっきり棚に上げておいて、ある日、私はオーナーに食ってかかります。

「なんで俺を配達に連れていかないんですか?おかしいでしょ?」(俺と言っちゃっているとこがもうアウト)

と意気がりますが、オーナーは微笑むだけで何も言いません。




無視されたことに更にヒートアップした私は、更に言葉を重ねます。

「えこひいきしてません?オーナーって」




この一言でオーナー、ブチギレます。

胸ぐらを捕まれ、今で言う壁ドン。




「お前、なに言いようるんじゃ。お前の勤務態度をわしが知らんとでも思うとるんか。えこひいき?当たり前じゃ。そりゃ仕事を一生懸命やる人間はかわいいわ。お前はひいきされる人間なんか?」




と広島が生んだ世界チャンピオン、竹原慎二ばりの広島弁で詰められます。




ええ、むっちゃ怖いです。腰が抜けました。

この時のオーナーの表情、声、息遣いまで今でもはっきりと覚えています。




「ひいきされる人間なのか?」




これ、シンプルですが、人付き合いにおいてとても大切な要素で、高校時代にガツンとこの事を教えてくださったオーナーには感謝しかありません。

かれこれ、この出来事から30年。

年齢を重ねるにつれ、仕事はもちろん、生活の中で接する人の世代も年上よりも年下が増えてきました。当たり前ですね。




「ひいきされる人間なのか?」

から、

「ひいきされたいと思われる人間なのか?」

に変わってきたね・・・と各院長とも話題になります。




話の中のコンビニですが、今も健在のお店です。

その店の前を通るだけで、背筋がピンと伸びます。

アンカリング効果です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Rensaコラム

歯科医院運営や人材育成に関する現場で活きる情報発信を行っています。

「スタッフマネジメント」に関する記事はコチラをクリック

「歯科医院運営」に関する記事はコチラをクリック

「リーダーシップ」に関する記事はコチラをクリック

「コミュニケーションのコツ」に関する記事はコチラをクリック

「はたらきかた」に関する記事はコチラをクリック

「心理学・NLP」に関する記事はコチラをクリック

「カワベの個人的」な記事はコチラをクリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー